海外バイク購入の基礎知識

Category : 日常

一度は所有してみたい海外バイク

ハーレーやBMW、ドゥカティなど、海外のバイクには日本にない魅力を持っているバイクがたくさんあります。
以前は高価でなかなか手が出なかった海外バイクですが、今は比較的購入しやすいタイプが販売されていたり、分割払いのシステムも充実しているため、海外バイクの購入を検討している人も増えているようです。
そこで、海外バイクを購入するにあたってのポイントをここでご紹介したいと思います。

各所のサイズが海外向き

日本人と外国人、特にヨーロッパ圏の外国人は身長や体格が大きく異なります。
そのためバイクの仕様においても自国の人に合わせて作られているものが多いので、ヨーロッパ発のバイクは随所のサイズが大きいです。

例えばハンドル。
日本人が外国製のバイクにまたがった時、ハンドルに腕を伸ばすとハンドルが遠く感じると思います。
まっすぐの時はまだよくても、曲がる時に外側の腕が回り切らないということもありますので、実際に試乗して問題ないか確認してみましょう。

また海外製はシートの幅が広いバイクが多く、日本人が足をつけようと思った時に、シート高に対して足がつきにくいと感じることがあるようです。
足つき性については、片足が半分以上着き、停車時にしっかりバイクを支えられるかどうかを基準にするとよいと思います。
この時、腰の位置がずれてしまってはいけません。
シートから腰やお尻がまったくずれない状態で、片足でしっかりバイクを支えられるかどうかがポイントです。

改良することで自分に合ったバイクになる

シート幅については、幅が広いために足つき性が悪くなっているのであれば、シートの幅を細めにカスタマイズすることで安定性が高まります。
ハンドルが遠い場合も、シートを改良して前側に座りやすくすることでハンドルの位置が近づきますので、自分に合うバイクににする事が可能です。

脚付きが悪いからといって、シートの高さを調整するのはおすすめできません。
シートの高さを変える場合は、サスペションを短くするなどして調整することになりますが、サスペションを改良すると乗り心地に大きく影響してきてしまいますし、ツーリング中に疲れやすくなるということも考えられます。
サスペションを短くしないと乗れないようなバイクなら、別の海外バイクを選択するというのもひとつの方法です。

まずは免許を取り、実際に試乗してから購入を検討すること、これは基本中の基本。
購入を急ぐあまり、免許取得前に購入手続きをしてしまう人も多いですが、またがるだけと実際に乗ってみることは大きな違いがありますので、どのバイクでも必ず試乗し、自分の体型に合っているか、しっかり乗りこなせるかを確認してくださいね。